スカイプでインド人エンジニアに日本語を教えるケララのブログ

レッスンを通したインド人との日常をお伝えします

香港旅行記 その4 〜スターフェリーと二階建てトラム〜

こんにちは。ケララです。

 

香港旅行記、今日もおつきあいください。

f:id:lovekerala:20180808213523j:image

 

7月28日(土)

 

旅行2日目。今日も快晴です。

昨日は早朝から20,000歩以上歩いたので娘もケララもぐったりでしたが、ぐっすり眠って復活(したはず)。ホテルの朝食を食べ、シャトルバスで観光へ。

 

ドーセットモンコックホテルのシャトルバスは毎正時にホテル発で、モンコック駅やチャイナフェリーターミナル、九龍駅などを回ります。10時のバスに乗り、モンコック駅で下車したケララたち。ショッピングモールの開店は10時と思いこんでいたのです。あ、開いてない...。

 

シャトルバスは降りてしまったし、どうしようかなと歩き始めたら、ミニバスのバス停がありました。ミニバスはより庶民的で、観光客が乗るには普通のバスよりハードルが高いと聞いていましたが、まぁなんとかなるでしょう。

 

程なくやってきたバスに乗り込むと、たしかに現地の方ばかり。運賃の支払いはどうするのか戸惑っていると、オクトパスカードをかざせばいいとドライバーさんがジェスチャーしてくれました。車内では、ドライバーさんと乗客たちが広東語でおしゃべりしたりして和やかな雰囲気。香港の暮らしにちょっと触れられて楽しい気分になりました。

 

今日のメインは香港島でのTram Oramic Tour。スターフェリーで香港島へ渡る予定なので、フェリー乗り場に近い廣東道でミニバスを降りました。まだ時間がたっぷりあるので、ハーバーシティをぷらぷら。ロンシャンの路面店があったので入店しましたが、店員さんの態度が最悪...。同じロンシャンを買うなら、このお店だけはパスだね〜と、娘と意見が一致しました。

事実、次に入ったTギャラリアでは、ロンシャンの店員さんはとても感じがよかった!買うなら断然こちらです。

 

トラムツアーの時間は14時。12時前のスターフェリーで香港島に渡りました。初のスターフェリーです。上の階に乗って、椅子の星マークの写真をパチリ。

 

f:id:lovekerala:20180808213148j:image
f:id:lovekerala:20180808213253j:image
f:id:lovekerala:20180808213320j:image

そうそう、九龍側のスターフェリー乗り場には、エッグタルトが有名な泰昌餅家が。ノーマルのエッグタルトと濃厚牛乳を使ったエッグタルトの両方を購入。エッグタルト大好きなケララ。ここにお店があることを知らなかったので感激でした。

 

f:id:lovekerala:20180808214232j:image

 

香港島に着き、IFCモールへ。今度は娘が大騒ぎ。「GROMがある!!」

 

GROMはイタリア、フィレンツェのジェラート屋さんで、素材や製法にこだわり、香料、着色料、合成保存料を使用せず、ソルベのフルーツは自社農園で生産する...などのこだわりを持ったお店です。娘は創業者の著書を読んで、こちらのジェラートを食べたいと思っていたようですが、日本では今は大阪に1店舗のみ。しかも来月には閉店してしまう...。まさかの香港での出会いに感動していました。

 

f:id:lovekerala:20180808220908j:image

 

スモールのカップだと2種類選べるので、娘はレモンのソルベとチョコレート。私は塩キャラメルとピスタチオにしました。本当に美味しい!お値段は59ドル(1ドル14.5円)で、少しお高めですが、それだけの価値はあると思います。大阪にお住まいの方がうらやましい。GROMのホームページはこちら。

 

ジェラートに浮かれていたら、あら大変。Tram Oramic Tourの集合場所は上環なので、移動しなければ。あまり時間がなかったので、タクシーで。ウエスタンマーケットそばのトラム乗り場へ向かいました。目印はこのトラム。

 

f:id:lovekerala:20180808221758j:image

 

集合時間は13:40と言われていましたが、ほかにだれもいません。あたりを見回すと、両替所がいくつもあり、レートをチェックすると悪くない。香港ドルの現金をもう少し補充したいと思っていたところだったので、1万円だけ両替しました。(のちにわかったのですが、チャイナフェリーターミナルの両替所はもっと良いレートでした。が、日曜日だったためかクローズ)

 

ツアー開始時間の14時、やっとスタッフ登場。炎天下の中、待たせすぎでしょう...と思いましたが、運転手さんと若い女性スタッフのふたりはそんなことお構いなしの明るさで乗車を促します。参加者は4組7名。二階建てトラムの先頭に座ったケララたち。中央付近には屋根があるので、ほかの参加者の皆さんは屋根の下の席に座っていました。

 

トラムツアーについてはまた次回。

おつきあいありがとうございました。