スカイプでインド人エンジニアに日本語を教えるケララのブログ

南インド大好きなケララの日々の出来事を書いています

すっかりインドな日々

こんにちは。ケララです。

 

本業でも副業でも南インド人の相手ばかりで、なんだか寝ても覚めても頭の中がインド一色。夜はケララ人、昼間はバンガロールのお客様。2021年は今まで以上にインドで行くぞ!って思っていたのですが、あまりにインドでうれしい悲鳴です。

 

昨夜レッスンが始まる少し前に、ひとりの生徒さんからメッセージが届きました。もちろんインド人。彼はここ数ヶ月週2回のレッスンを休んだことがなかったのですが、先週2回お休みだったので気になっていたところでした。

 

会社の都合で急にインドへ一時帰国することになり、先週はその準備でレッスンを休んだこと、今インドへ向かっていること、今日のレッスンもお休みするので、3回分のレッスン範囲を教えてほしいことが書いてありました。

 

あー、そういうことかぁ。で、今どこにいるの?簡単に入国できるの?などなどケララの頭は疑問でいっぱい。

 

彼はレッスンの姿勢がとても真剣です。ゼロスタートのクラスなので、ここで3回の穴は大きい。進んでしまった分を自分でやると言っても難しい。せっかく頑張ってここまでついてきてくれたので、特別に補講をしてあげることにしました。(本当はケララは大学の単位修得試験期間なので、そんな余裕はないのですが...。試験大丈夫かなぁ。)

 

補講の日時を決めたところで「で、今どこにいるの?」と聞いてみると、答えは「ドバイ」。

乗り継ぎ待ちの最中にわざわざ連絡してくれてたとは。仕事とはいえ地元に帰る楽しみで日本語レッスンのことなんて忘れてもおかしくないはずなのに。なんか嬉しい。いや、かなり嬉しい。

 

小さなサプライズではあるけれど、無理めなスケジュールでもレッスンの希望があればなるべく引き受けようと思うケララの原動力はこれです。

 

愛おしい生徒さんたちのために今日も頑張りたいと思います。