スカイプでインド人エンジニアに日本語を教えるケララのブログ

南インド大好きなケララの日々の出来事を書いています

娘の大学受験終了

こんにちは。ケララです。

 

3か月もご無沙汰してしまいました。

が。この度無事に娘の大学受験と入学手続きが終了いたしましたので、ぼちぼち再開していきたいと思います。

 

今日は娘の大学入試について。

 

娘は夏まで、大学は一般受験のつもりでした。第一志望は都内国立大学。

上の子は指定校推薦で大学に入りましたので、今回は3月までの長い戦いかぁ、親もドキドキだなぁと思っていたのですが。

 

夏休み前のとある月曜日。

担任からは来ないであろうと聞いていた都内某私大看板学部の指定校推薦枠が来たと聞かされたのです。

 

さぁどうする?

元々の第一志望をやめて、こちらに応募する?

 

学内選考に通る保証はないけれど、評定、資格、校外活動を考えると、取れるかもしれない。でも学年は500人超です。全部が進学ではありませんが。

 

三者面談でもいろいろお話をしました。

模試ではいつも記入していた大学ですし、何度も足を運んでいる大学なのですが、第一志望校とはちょっと違う雰囲気のため、先生の方が心配そう。

 

結局、娘自身が比較して検討し、本人なりの明確な基準で、今回合格した大学の指定校推薦に応募することにしました。

 

学内選考の結果が出るまで少しゴタゴタがあり、長い長い10月を過ごしましたが、無事に終了。やれやれ、と言ったところです。

 

 

巷では、指定校はバカばっかりで、頭がいいのは一般受験生などと言いますが、息子の話を聞く限りそんなこともないような。

 

娘は高校の中の中高一貫コースで評定は4.8。合格した大学の、今月戻ってきた河合塾全統記述模試の判定はBでした。一般受験生との差はどうなのでしょうね。

 

行き先が決まったとはいえ、学校からの要望でまだ受験生を続けなければならない娘。

不満はありそうですが、もう少し頑張ってほしいと思います。