スカイプでインド人エンジニアに日本語を教えるケララのブログ

レッスンを通したインド人との日常をお伝えします

香港旅行記 その7 〜コロアン&レストラン ポルトガリア〜

こんにちは。ケララです。

 

f:id:lovekerala:20180814222902j:image

 

マカオ日帰り旅のつづきです。

セナド広場周辺観光を終え、次はコロアン地区へ向かいます。途中マカオタワーそばを通り、寄るかどうかを聞かれましたが、あまり興味がありませんでしたのでパス。移動の間、ガイドさんにツアー後の予定を尋ねられ、タイパ地区のレストラン、ポルトガリアでディナーの予約があることを伝えました。

 

コロアン地区で向かったのは、聖フランシスコ・ザビエル教会。黄色が美しい!青空によく映えて、可愛らしさを感じます。

 

f:id:lovekerala:20180814225029j:image

教会内には天女の格好をしたマリア様の絵が飾られていて、ポルトガルらしさの中に中国のエッセンスが混じるマカオの文化をよく表しているなぁと思いました。

 

教会から出て少し歩くと、エッグタルトの有名店、ロードストーズベーカリーの前に到着。行列ができていました。ガイドさんがふたり分を買いに行ってくれて、お店の向かいにあるベンチに座り、温かいエッグタルトをパクリ。やっぱり焼きたては美味しい〜!しあわせです。

 

f:id:lovekerala:20180814230339j:image
f:id:lovekerala:20180814230550j:image
f:id:lovekerala:20180814230320j:image

エッグタルトを食べて満足した後は、すぐそばの船人街をガイドさんとお散歩。とてものどかな場所でした。

 

このツアーはコロアン地区観光後、コタイ地区にあるカジノ、ヴェネチアンマカオで解散になります。巨大カジノリゾートですので出入口もたくさんあり、ケララたちの目指すタイパ地区のレストラン方面へはウエストロビーから行くように、とガイドさんが念を押します。しかも、高校生の娘とふたり旅のケララ。21歳未満はカジノを通り抜けることもできませんので、カジノ上階の運河のあるこれまた巨大なショッピングセンターの中を歩いて、ウエストロビーへの道をさがさなければなりません。これが想像以上に大変!

 

f:id:lovekerala:20180814231528j:image
f:id:lovekerala:20180814231556j:image
f:id:lovekerala:20180814231608j:image

やっとの思いでウエストロビーに辿り着き、外に出てみると...。タクシー乗り場は長蛇の列。香港ディズニーランドより長い!

 

レストラン予約は18:00から18:30の間に到着となっていたのですが、この調子ではギリギリかも。電話で「タクシー待ちをしていて遅れるかも、ごめんなさい」と伝えると、「ちゃんとお席はとってあるから大丈夫。待ってます」と優しいお返事。ひと安心です。

 

タクシー待ちの列は中国人ばかりで、隙があれば割り込んでこようとします。後ろにいた若いカップルの女の子が、ケララの横に来て段々と前へ行こうとするので、「私たちがこの人の次だから入らないで」と英語で言い放ったケララ。中国語で何か言ってきましたが、中国語はわからないから、と言い返すと後ろに戻って行きました。

 

「この国にいるとママは性格悪くなっちゃうね」と娘。たしかにそうかも。でも、言うべきところでは言わないとね。娘とは彼女が3歳の時から今までに7、8か国一緒に行きましたが、それぞれの場所でケララなりに海外でのふるまいを見せてきたつもりです。今回も何かを感じ取ったことでしょう。

 

30分以上並んでタクシーに乗り、目指すレストラン、ポルトガリアへ。2階の窓際席に案内されました。お店の外観も内装もかわいらしい。しかもスタッフさんたちがみんな感じいい!やっぱりココを選んで良かったです。

 

f:id:lovekerala:20180814234445j:image
f:id:lovekerala:20180814234656j:image

お料理は事前のリサーチでおすすめされていたものをセレクト。カニのサラダもシーフードのスープもバカリャウのグラタンも、どれも美味しい!メインはステーキなのでドリンクは赤ワイン。デザートは、マカオに来たら絶対食べたかったセラドゥーラ。あー、しあわせだなぁ。

 

f:id:lovekerala:20180814235538j:image
f:id:lovekerala:20180814235654j:image
f:id:lovekerala:20180814235649j:image
f:id:lovekerala:20180814235405j:image
f:id:lovekerala:20180814235858j:image
f:id:lovekerala:20180814235852j:image

 

JCBカード会員用のクーポンでお食事代が10%オフになり、しめて714マカオパタカ。お店のスタッフにどこから来たか尋ねられ日本と答えると、笑顔でありがとうと言ってくれました。ごちそうさまでした!

 

さて、帰りのタイパフェリーターミナルへはどう移動しましょう。レストランのスタッフが、近くのカジノ、ギャラクシーへ行ってシャトルバスに乗ればいいと言うので、言われたとおりにギャラクシーへ。

 

f:id:lovekerala:20180815002942j:image
f:id:lovekerala:20180815002953j:image

 

無事にフェリーターミナルへ到着し、21:30のフェリー待合所へ。こちらでもファーストクラスは専用の待合所がありました。今度は別会社コタイジェットのフェリーですが、こちらでも窓側ふたり席を指定されました。よかった。ファーストクラスの船内では飲み物とお菓子が配られます。スプライトをオーダーしました。下船はもちろん優先です。

 

事前リサーチでは、コタイジェットの方が快適という意見を読んでいたので、ターボジェットと両方の上級クラスに乗って比べてみたいと思っていたケララ。ケララの感想としては、それほど違いはないかなぁと言ったところです。プロモーションのおかげで、コタイジェットの方が断然お安く乗れましたが、九龍サイドのホテルに泊まっているケララたちにとっては、九龍のチャイナフェリーターミナルへの本数が多いターボジェットの方が使い勝手がよかったかな。香港でお泊りのホテルとマカオでの予定に合わせて、どちらのフェリーに乗るかをお選びいただくことをオススメします。

 

22:40ごろ上環のフェリーターミナルに到着。さらにMTRでホテルまで帰ります。疲れた〜。

 

明日は最終日。もう一度ディズニーランドへ行ってから帰国します。

 

おつきあいありがとうございました。