スカイプでインド人エンジニアに日本語を教えるケララのブログ

レッスンを通したインド人との日常をお伝えします

インドと私

こんにちは。ケララです。

 

いきなりですが、ケララ南インドが大好きです。お気づきの方も多いでしょうが、ケララという名前も、南インドケララ州から拝借したものです。

 

どうして南インド限定かって?

単純に、南インドしか行ったことがないからです。これまで3回渡印、トータルで35日ほどの滞在ですが、見事なまでに南だけなんです。

アレッピー、チェンナイ、バンガロールカーニャクマリ、トリヴァンドラム、コヴァラム、ムナー、コーチンなどなど。

 

主な滞在先はアレッピーの友人宅。3回のうち1回は出張でしたので、その時はホテルにも泊まりましたが、出張の時でさえバンガロールでは友人宅に泊まらせてもらいました。

 

初めてインドに行ったのは、2004年の12月。

帰省をするというインド人の友人に誘われたのがきっかけでした。実はこの時、ケララは専業主婦で離婚調停中。(当時、友人はそのことは知らなかったのですが) 離婚が成立したら専業主婦は卒業なので、自由な長期海外旅行はもちろんできなくなります。それならば気分一新、新たな人生のスタートの記念?に、思い切って行ってしまおうということになりました。

 

いや、今でこそこんな明るく語れますが、当時は精神的ダメージや先の人生の不安もいっぱいだったのです。まさか自分が離婚するなんて、思ってもいませんでしたから。14年経った今でさえ、やはり心のどこかに痛みがあります。

 

と、そんな理由で決まった初めてのインド。

期間は3週間。上の子が5歳、下の子は3歳でした。そんな小さい子が3週間もインドホームステイなんて大丈夫?と言われたことも多々ありましたが、全く問題はなかったですね。

アレッピーののんびりあたたかな空気と友人ファミリーやそこで出会ったインド人のやさしさが、親子3人それぞれのココロの傷を癒してくれました。

 

2016年夏、15歳になった下の子と友人宅を再訪。12年ぶりでありながら、家族の帰省のように迎えてもらい、しあわせな時間を過ごさせてもらいました。ケララ南インド大好きなのはこんな理由からです。

 

どんな人にも、人生の中でかけがえのない出会いがあると思います。ケララにとって、それは間違いなくインド人の友人達。

2002年に出会った三家族が、ケララの人生に大きな影響を与えてくれました。インドには「呼ばれる」と言いますが、本当なのかもしれませんね。

 

で、ケララのブログのタイトル。

ケララは本当にタージマハルに行きたいとは思っています。でも、「さあ、1週間休暇をあげるから、インドへ行ってきていいよ」って言われたとしたら (ありえないけれど)、またアレッピーに足が向かってしまうのは確実です。

だから、ケララにとってタージマハルは遠い存在。北インドから「呼ばれる」日を楽しみに待つつもりです。

 

f:id:lovekerala:20180601095324j:image
f:id:lovekerala:20180601095320j:image
f:id:lovekerala:20180601095338j:image
f:id:lovekerala:20180601095315j:image
f:id:lovekerala:20180601095329j:image

2016年8月 アレッピーにて